100均調味料ボトル

【100均キャンプグッズ】キャンプ調味料入れに最適なセリアシーズニングボトル、ランチBOX!

キャンプグッズにも力を入れているセリアやダイソーに代表される100均ショップ。

もはや、『まずは100均で探してから。』と言うキャンパーも多いはず。キャンプ沼にハマってしまう出費が多いキャンパーにとっては救世主の様な存在です。

そんな100均ショップの代表格『セリア』が販売するキャンプに使えるシーズニングボトル調味料ケースランチBOXをご紹介します。

セリア100均シーズニングボトルは優秀すぎる!

液体を入れるボトルとして本家ナルゲンボトルは、60mlで400円前後。それと同等のセリアシーズニングボトルは何と2本で100円と言う破格値!

15mlから125mlまでラインナップされているので、用途・分量に合わせて様々なサイズを選ぶ事が出来ます。

もちろん液体を入れても溢れない設計になっているので安心して持ち運べます。

100均調味料ボトル01

オイルランタンの燃料ボトルとして使ってみた。

一番大きい125mlをオイルランタンの燃料入れとして使ってみました。

フェアハンド ベイビースペシャル276のタンク要領は340mlですが、1泊では使い切れない容量です。実際には半分の150ml位で十分持ちます。

まずは、一晩シーズニングボトルにオイルランタンの燃料を入れて漏れたり、変形したりしないか実験。

結果は漏れも変形も無しです。中々、優秀ですね。

100均調味料ボトル02

そこで、125mlのシーズニングボトルに入れた燃料で何時間燃焼するかを実験。

100均調味料ボトル03

実際に点火して点灯時間を調べると。

燃料が尽きるのに約7時間分でした。(炎の大きさで変動はあります。)

16時に点灯すると23時位まで点灯できる量です。夏場のキャンプだと十分な量ですね。

100均調味料ボトル05

携帯コスメケースは、塩コショウなどのケースに

本来の使い方は化粧品のトラベルケースですが、粉末調味料やペーストタイプの調味料入れとして活用できます。

長さ122mmで5種類の調味料をコンパクトに入れる事が出来ます。

100均調味料ケース01

ソロキャンプでシンプルな料理であれば、塩・白黒コショウの3種類でOK!

よりコンパクトに持ち運ぶ事が出来ます。

F仙人
5種類の調味料は常に入れて、冷蔵庫で保管。

必要な物をチョイスして持っていきます。

100均調味料ケース02

様々な調味料をまとめてコンパクトにランチBOX

100均グッズで様々な調味料を小分け出来ても、バラバラ運搬では意味が無いですね。

そこで便利なのがランチBOXです。

100均ランチボックス01

セリアでは様々なランチBOXを販売していますが、イチオシがコレ!

『 DELIZIOSO 』シリーズ(なんて読むのでしょう。)のランチボックス!

見るからに頑丈な作りなので、バックパック内で押されても潰れなさそうです。キャンプ用品として必須性能ですね。

100均ランチボックス02

更に嬉しいのが、液体漏れ防止のシリコンゴム?が蓋に付いているのです。

中で液体が漏れてもザック内の物が濡れる危険を防いでくれます。

コレは嬉しい!

100均ランチボックス03

容量サイズも十分あり深さも十分!

100均ランチボックス04

セリアのシーズニングボトルとセットで購入し、様々な組み合わせで必要な物をチョイスしてキャンプに持っていけます。

100均ランチボックス05

バックル付きで確実にロックできるランチBOX

次にオススメなのがバックル付きのランチBOXです。

不意に落とした時でも(ある程度は)開かずに保持してくれます。

大きさも先のランチBOXより大きくて、メイン使いでもOKなサイズ。

100均ランチボックス07

60mlのシーズニングボトル3個と15mlボトルや小分けケースをまとめて入れる事が出来ます。

100均ランチボックス08

組み合わせ次第で凝った料理の調味料を全部持っていけます!

100均ランチボックス09

あとがき

今やキャンプブームのお陰で様々なメーカーからキャンプグッズが売られています。見ると欲しくなるのがキャンプ道具沼。。。

そんな沼で出費が激しい時に救世主となるのが100円ショップ。

まずは100円ショップで探して無ければ、キャンプメーカーで探す。そう言う購買ルーティンが出来て来ましたね。

出費も抑えられて、嬉しいばかりです。

© 2021 仙人の気ままな野営camp! by motto studio