失敗しないペグ選び

失敗しないソロキャンプ用ペグ選び!シーン別ペグ選びのコツをご紹介!【Camp goods】

テントやタープを張る時に使うペグは各社様々な素材、長さで販売されています。

自身のキャンプスタイルや地面のコンディション、テントなどに合わせて、そのシーンごとに合わせていたら大変な量とコストが掛かります。

そこで、揃えておきたいmotto的シーンに合わせたペグセレクトをご紹介します。

motto的シーン別ペグとメインペグ

実際、自分のペグに出会うまでに沢山のペグを買いました。様々な失敗と反省を経てメインペグとサブペグが揃いました。

大きい石が多く砂地と石のキャンプ地では鋳造ペグ

まずは鋳造ペグです。

【エリッゼステーク 28cm 鋳造ペグ8本セット ¥3,600】

購入したキッカケは、湖畔のキャンプ場に泊まった際に必要だなと思い購入。

石が沢山ありペグの効きが悪い砂地のキャンプ場です。

8本をメインに差し、残りは別のペグを使用しました。強風もありましたが、問題なく使用できました。

鋳造ペグ1

新潟燕三条の鋳造メーカーが製造している信頼のmade in japanです。

ヘッド部は17mm×13mmと打ちやすい大きさです。

鋳造ペグ2

先端は9mm×7mm

石の中でガンガン打ち付けても変形なしです。

鋳造ペグ3

ペグを抜く時は、90度ひねると簡単に抜けます。

鋳造ペグ4

強靭だけど。。重さが。

鋳造ペグは、強靭さが売りです。

しかし、バックパックでキャンプするとなると重さが問題です。

28cmのタイプで1本、192g。8本で1.5kgです。

バップバックでは少しでも軽くしたいと思います。鋳造ペグの強靭さは捨てがたいので、車が横付け出来きて効きが悪いコンディション用としています。

メインペグは軽量・強靭なチタンペグ

以前、チタン合金のペグは高価でとても手が出ませんでした。

キャンプブームのお陰で、海外製ペグも出回る様に。そんな中で登場したのが、Soomloom社です。

最初は価格が安すぎて不安でしたが、中々の実力。

【Soomloom ソリッドチタンペグ 20cm 参考価格6本セット ¥2,780】

チタンペグ1

チタン製の良さは軽さと強さを兼ね備えていると言う事です。

石が多い地面でも十分に刺さっていきます。

チタンペグ2

ヘッド部は細いですが、慣れると打ちづらい事もありません。

ペグ自体が細いので抵抗なく入っていきます。

チタンペグ3

軍幕にはパラコードも活用

軍幕のハトメは無理な角度で止めると傷みが早くなります。

そこでパラコードを活用すると軽減出来ます。

チタンペグ4

内側から通してパラコードをペグダウン。

これで、夏場は通気良く上げたりと高さ調整も可能です。

チタンペグ9

渋いチタンペグに処理

チタンは加熱する事で渋いチタンブルーが出ます。

そのままの色でもカッコいいですが、バーナーで炙って。

チタンペグ5

軽く炙るだけでチタンブルーと焼けた色のグラデーションが出来ます。

かなり渋いペグに。

チタンペグ7

メイン使いはチタンペグ

バックパックキャンプが多いので、メインペグはチタンです。

何と言っても軽さ。1本 20cmのタイプで40g。

バックパックには嬉しい軽さです。

本数が足りない場合の予備ペグ

メインペグとは別に後、数本ほしい事がありますね。

急な場合や、キャンプ地で気づく事も。

そんな時用に、予備ペグを数本持っていきます。使い方はペグ以外にも穴掘りなど色々。

壊れても良い事が条件なので、ホームセンターの安いスチールペグを予備として持っていきます。

重くなるのは嫌なので1番細いタイプです。価格も1本100円しないので気を使わず使えます。

予備ペグ1

グランドシート止めなどには、ショートタイプのアルミペグを使う事も。

なにかの付属で付いてきた物を予備として使う事もあります。

予備ペグ2

メインはチタン。サブで鋳造ペグ

何度も行っている山やキャンプ場では、チタンペグを持っていきます。

河原や砂地、大きい石がゴロゴロしてる野営地やキャンプ場では、鋳造ペグです。

ただし、車が横付け出来る事を条件として。

この2種類を持っていたら、ほぼ全てのキャンプで大丈夫ですね。まずはチタンペグを揃えて、必要に応じて鋳造ペグを揃えると無駄が無いです。

まとめ

キャンプグッズを揃えだすと、お金が湯水の様に流れ出します。。俗に言う『キャンプ道具沼』です。

ある程度は使ってみないと分からない部分もありますが、3,000円の無駄な出費となると『あ〜。ローテーブルが買えた。。』なんて思いも。

ペグに関しては1番にチタン、2番に鋳造ペグで決まりです。

オススメグッズ

石が多くガッチリ止めたい時に。重さはあるけど信頼性抜群の鋳造ペグ

軽さと強さを兼ね備えたチタンペグ。メイン使いにはこちら

© 2021 仙人の気ままな野営camp! by motto studio